おおたけ脳神経・漢方内科クリニックの院長ブログ

鳥取市にある脳神経外科・脳神経内科・漢方内科の「おおたけ脳神経・漢方内科クリニック」院長ブログです。

皆さん、こんにちは。
今回は認知症についておはなししたいと思います。
日本では人口の高齢化がすすみ、それにともない認知症の高齢者数も急増しています。65歳以上の高齢者における認知症および軽度認知障害(物忘れはあるが日常生活は自立)の方は、合わせて1,000万人を超えているともいわれています(人口の10%弱になります)。

認知症症状には、中核症状と周辺症状のふたつがあります。中核症状には記憶や学習障害、判断力低下、失語(言葉が理解できない・うまく話せない)、失行(服の着方やトイレの使いかたが分からない)、失認(見たもの、聞いたもの、触れたものが分からない)などがあります。これら中核症状に、不安、うつ状態、妄想、幻覚などの精神症状(周辺症状)が加わってくると、家族の介護負担が増えていきます。

認知症の診断には、物忘れが年齢による生理的なものか、あるいはアルツハイマー病などの病気によるものか、はたまた全く別の病気によるものか、の判断が重要になってきます。そのためには、患者さんの経過(病歴)をしっかり聞くことと心理検査(長谷川式簡易知能評価スケールなど)を行うことが最も大事ですが、一度は脳の画像診断を受ける必要があります。

例えば、60代の男性、数年前から物忘れの自覚があり、仕事でミスを指摘されていた。長谷川式スケールは24点(30点満点で20点以下が認知症)で、軽度認知障害の疑いになります。頭部MRIを撮影すると、
視床梗塞

左側の視床というところに小さい脳梗塞を認めました。これが軽度の物忘れの原因と考えられたため、このかたには血液サラサラの薬をはじめて、その後物忘れはすすんでいません。
その他、以前このブログで紹介した慢性硬膜下血腫などでも物忘れのような症状を認めることがあります。

このほかにも、認知症に似た症状をおこす病気がいろいろあります。
とくに、最近急に物忘れがすすんできたかたの中には、今回のように脳梗塞が隠れていることもあるので注意してください。

皆さん、こんにちは。
まだまだインフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さんの体調はいかがでしょうか。
インフルエンザシーズンに熱が出ると、検査や薬を求めて病院に行かれることも多いかと思います。ただ、検査(インフルエンザ迅速抗原検査)や薬(抗インフルエンザ薬)にはちょっとした落とし穴があるので注意が必要です。

まずインフルエンザ迅速抗原検査は感度が低く、特に発熱初日はインフルエンザでも陽性になりにくいという特徴があります。だいたい、3人に1人ぐらいはインフルエンザでも陰性にでてしまいます。よって、検査で陰性でも、インフルエンザを疑わせるような高熱やインフルエンザ患者との接触があった場合は、抗インフルエンザ薬を処方する場合もあります。

次に抗インフルエンザ薬についてですが、現在2種類の経口薬(タミフル、ゾフルーザ)と吸入薬(リレンザ、イナビル)および点滴で投与する薬剤(ラピアクタ)があります。年齢や症状、基礎疾患などで使い分けるのですが、いずれの薬も「半日から1日程度早く熱が下がるかもしれない」程度の効果しかないといわれています(ただ高熱はしんどいですので、半日でも早く熱が下がればうれしいとの意見も分かります)。また、経口薬の消化器症状や精神症状、吸入薬の気道症状などの合併症も少なからず認めます。

日本において、実に全世界の75%の抗インフルエンザ薬を消費していると言われています。さすがに安易に使いすぎている印象がありますので、私自身に関してはできるだけセルフケアで頑張っていきたいと思っています。効果の程はわかりませんが、インフルエンザシーズンはビタミンCをサプリメントで多めに摂取し、ちょっとでも風邪症状を認めれば亜鉛が含まれる食品(純ココアや牡蠣)を食べ、自分で漢方薬を調節し内服します(それでもだめならすなおに抗インフルエンザ薬を使いますが・・・)。
でも、できるだけ抗インフルエンザ薬のお世話にならない生活(養生)を心掛けたいものです。

久ぶりにブログを更新します。

 暑い日が続きますが、皆さんは夏バテせず元気に過ごせていますでしょうか。
 夏バテを通り越して熱中症になってしまったら、点滴治療を受けるしかありませんが、もう少し早い段階で体のケアを行えば、暑い夏も比較的元気に乗り越えることもできるかもしれません。
 今回は、夏バテ予防に効果のある漢方薬の話です。
 
 漢方医学的に夏バテと呼ばれる状態を考えてみます。夏の暑さや冷房などの外気温の変化(外因と呼びます)で、自律神経・内分泌系の調節が効かなくなり、仕事や家族の悩み事(感情の変化=内因と呼びます)で消耗し、さらには冷たい飲み物の取り過ぎ、冷房のあたり過ぎ、熱帯夜が続くことによる睡眠不足(不内外因と呼びます)で本格的に悪くなります。体がだるく疲れやすい、食欲がない、気力がない、などの夏バテにみられる症状は、漢方医学的には代表的な気虚の症状です。

気虚はいわゆる元気がなくなった状態ですが、気には元来、親からもらった先天の気と、食事や呼吸により取り入れる後天の気があるといわれています。先天の気は生まれつきのものなので増やすことは難しいですが、後天の気は食事に影響されるので、漢方では気虚状態に対して、まず消化吸収能を高めることを目標にします。人参(朝鮮人参)、茯苓(サルノコシカケ科の菌類)、白朮(オケラの根)などが含まれた六君子湯気虚に伴う食欲低下に奏功します。さらに、微熱や寝汗などの炎症所見があれば、補中益気湯(が有効です。

さらに夏バテの症状に適している漢方薬として、清暑益気湯があります。暑気を清め、気を益する作用があり、夏バテにふさわしい名称です。清暑益気湯は先に述べた補中益気湯の類似処方ですが、五味子、麦門冬、人参という3つの生薬が含まれているのが特徴です。これらの3生薬で生脈散という別名があり、いずれも脱水症状を改善する作用が期待できる生薬です。よって、夏場に脱水に傾きやすい高齢者の方が、夏バテ予防に内服するのが効果的と思われます。


 その他、水分の摂り過ぎで体が重く、下痢をする場合などに用いる
五苓散()、強いのどの渇きと高体温といった熱中症のような症状に適する白虎加人参湯()、など夏場に用いられる漢方薬はまだまだたくさんあります。


 今回紹介した漢方薬はいずれも保険適応となっておりますので、夏バテになりそうな方はぜひご相談ください。

このページのトップヘ