おおたけ脳神経・漢方内科クリニックの院長ブログ

鳥取市にある脳神経外科・脳神経内科・漢方内科の「おおたけ脳神経・漢方内科クリニック」院長ブログです。

みなさん、こんにちは。今回は頭痛の慢性化についてお話しします。

50代の女性が、頭痛と腰痛を訴えて来院されました。
頭痛は5年ほど前より、週に3回程度の頻度で続いていました。そのため、市販の鎮痛薬を一日おきに内服しています。そのほか、同時期より腰痛も続いており、整形外科や整骨院に通っているがなかなかよくならない、とのことでした。
頭痛に関してはひどい肩こりを認めましたので、緊張型頭痛の慢性化をきっかけとした薬物乱用頭痛と判断しました。薬物乱用頭痛になると、脳が痛みに対して敏感になってしまい頭痛の回数がふえ、痛みをおさえようとして薬の量がふえていく、という悪循環になってしまいます。
この方には、慢性化した頭痛に効果のあるアミトリプチンという予防薬を開始し、頭痛発作時にはロキソプロフェンを内服してもらうように説明し、長年飲み続けてきた市販薬は中止するように説明しました。
腰痛に対しては漢方薬大防風湯エキス疎経活血湯エキス)を開始しています。
2週間後に来院したときには、頭痛はほぼなくなってロキソプロフェンを飲むこともなかった、とのことでした。腰痛も軽減している様子でした。比較的長期間頭痛が続いていましたので、もうしばらくアミトリプチンは継続する予定です。

このように、慢性化した頭痛には予防薬がありますので、お困りのかたはご相談ください。私の印象としては、週に2回以上頭痛があれば予防薬を内服したほうがよいのではないかと思っています

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、天皇陛下が即位されて平成から令和に年号がかわり、大坂なおみが全豪オープンテニスで優勝、渋野日向子が全英女子ゴルフで優勝、さにラグビー日本代表が決勝トーナメントに進出、と日本全体がいわゆるONE TEAM(ワンチーム)で盛り上がった年だったと思います。
 私は日々の診療をみなさまとともに、よい意味で淡々とくりかえす日々でしたが、たくさんの大事の人との出会いがあった年でした。クリニックに来てくださる患者さん、一緒に働いてくれるスタッフ、応援してくれる人、同じ理想をもつ仲間、などあらためて人とのつながりが大事なんだと感じられる1年だったと思います。
 2020年も、みなさまがおだやかな毎日をくりかえすことができるように、微力ながら尽力させていただきます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 くりかえしてこんなにもくりかえしくりかえして こんなにこんなにくりかえしくりかえしくりかえして くりかえしくりかえしつづけてこんなにもくりかえしてくりかえし いくたびくりかえせばいいのかくりかえす言葉は死んでくりかえすものだけがくりかえし残るくりかえし そのくりかえしのくりかえしをくりかえすたび 陽はのぼり陽は沈みそのくりかえしにくりかえす日々 くりかえし米を煮てくりかえしむかえるその朝のくりかえしにいつか夜のくるこのくりかえしよ
 (谷川俊太郎「くりかえす」より抜粋)



みなさん、こんにちは。今回は生活習慣病について簡単に説明します。
生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する症候群」と定義されています。
具体的には、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、大腸がん、歯周病などがあります。
とくに最近は、食事の摂取カロリーが多いことに意外ときづかずに、内臓脂肪の蓄積からメタボリックシンドロームになっている人が増えている印象です。
メタボリックシンドロームを放置すると、動脈硬化が進行して脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなったり、糖尿病が進行していろいろな合併症(目が見えにくくなる、手足がしびれる、腎臓が悪くなる)をきたしてしまいます。
このメタボリックシンドロームを予防するために、40歳から74歳までのかたは年に一度の特定健診を受けて、自分のからだの状態を確認するようにしましょう。
当院でも特定健診は随時受け付けておりますので、ご希望の方はご連絡ください。また、検診で異常を指摘されたけれど、かかりつけ医がいなくてどうしたらよいか分からない、という方でも相談にのりますのでご連絡ください

このページのトップヘ