おおたけ脳神経・漢方内科クリニックの院長ブログ

鳥取市にある脳神経外科・脳神経内科・漢方内科の「おおたけ脳神経・漢方内科クリニック」院長ブログです。

カテゴリ: 漢方

久ぶりにブログを更新します。

 暑い日が続きますが、皆さんは夏バテせず元気に過ごせていますでしょうか。
 夏バテを通り越して熱中症になってしまったら、点滴治療を受けるしかありませんが、もう少し早い段階で体のケアを行えば、暑い夏も比較的元気に乗り越えることもできるかもしれません。
 今回は、夏バテ予防に効果のある漢方薬の話です。
 
 漢方医学的に夏バテと呼ばれる状態を考えてみます。夏の暑さや冷房などの外気温の変化(外因と呼びます)で、自律神経・内分泌系の調節が効かなくなり、仕事や家族の悩み事(感情の変化=内因と呼びます)で消耗し、さらには冷たい飲み物の取り過ぎ、冷房のあたり過ぎ、熱帯夜が続くことによる睡眠不足(不内外因と呼びます)で本格的に悪くなります。体がだるく疲れやすい、食欲がない、気力がない、などの夏バテにみられる症状は、漢方医学的には代表的な気虚の症状です。

気虚はいわゆる元気がなくなった状態ですが、気には元来、親からもらった先天の気と、食事や呼吸により取り入れる後天の気があるといわれています。先天の気は生まれつきのものなので増やすことは難しいですが、後天の気は食事に影響されるので、漢方では気虚状態に対して、まず消化吸収能を高めることを目標にします。人参(朝鮮人参)、茯苓(サルノコシカケ科の菌類)、白朮(オケラの根)などが含まれた六君子湯気虚に伴う食欲低下に奏功します。さらに、微熱や寝汗などの炎症所見があれば、補中益気湯(が有効です。

さらに夏バテの症状に適している漢方薬として、清暑益気湯があります。暑気を清め、気を益する作用があり、夏バテにふさわしい名称です。清暑益気湯は先に述べた補中益気湯の類似処方ですが、五味子、麦門冬、人参という3つの生薬が含まれているのが特徴です。これらの3生薬で生脈散という別名があり、いずれも脱水症状を改善する作用が期待できる生薬です。よって、夏場に脱水に傾きやすい高齢者の方が、夏バテ予防に内服するのが効果的と思われます。


 その他、水分の摂り過ぎで体が重く、下痢をする場合などに用いる
五苓散()、強いのどの渇きと高体温といった熱中症のような症状に適する白虎加人参湯()、など夏場に用いられる漢方薬はまだまだたくさんあります。


 今回紹介した漢方薬はいずれも保険適応となっておりますので、夏バテになりそうな方はぜひご相談ください。

症例は50代後半の女性です。 胃腸症状や動悸などの症状で、漢方薬を処方していました。最近はふらつきと頭の締め付け感に対して、苓桂朮甘湯と九味檳榔湯をエキス製剤で投与しておりました。

乳癌の既往のある方なのですが、術後検査のために造影CTを行った後から体がえらくなったとのことで、臨時当院で当院を受診されました。動悸の頻度がやや増加しており、ふわーとするめまい感を伴い運転中もふわふわするとのことでした。頭の病気(脳梗塞など)を疑わせる所見は認めず、めまい感も吐き気や嘔吐を伴うほど激しいものではなかったため、漢方薬で治療する方針としました。

もともとのぼせる傾向の方でしたが、今回は顔面も赤みを帯びて上気しているようでした。反対に足先は冷えており、冷えのぼせの傾向を示していました。漢方医学的には、通常上から下へ流れるべき気が逆転し、気逆の状態となっているものと思われました。
気逆の状態になると、動悸や発汗、冷えのぼせ、発作性の頭痛、焦燥感、顔面紅潮、物事に驚きやすい、などの症状をきたします。治療の原則は桂枝と甘草の生薬の組み合わせで、気の逆流を下向きに戻すようにします。
今回の症例では、苓桂味甘湯(茯苓、桂枝、五味子、甘草の4種類の生薬からなります)という煎じ薬を処方しました。

2週間後の再診時には、動悸の頻度が減ってきた、頭重感が減ってふわふわしなくなった、とのことでした。顔面の赤みも軽減していました。さらに同処方を継続し、動悸、めまい感はほぼ消失しましたが、煎じ薬を内服していた方が調子が良いので微調整をしながら継続投与しております。

最近は季節の変わり目で気温や気候が一定しないためか、めまいを訴える患者さんが増えています。
めまいに用いられる漢方薬は、水の巡りが悪ければ真武湯や五苓散が、気の巡りが悪い(気逆)・気が足りない(気虚)などの気の変調があれば桂枝甘草が含まれる方剤(苓桂朮甘湯、苓桂味甘湯、苓桂甘棗湯など)や半夏白朮天麻湯、釣藤散などが、自律神経のバランスが悪ければ柴胡剤(柴胡加竜骨牡蛎湯、加味逍遙散)や三黄瀉心湯などが、患者さんの体質や状態に合わせて選択されます。

めまいでお困りの方がおられれば、ご相談ください。

今回は両足のしびれの症例を紹介します。

60代女性の方。 3ヶ月前より両足の外側がしびれるとのことで当院を受診されました。
過去に右坐骨神経痛の既往があり、ペインクリニックで腰椎すべり症を指摘されているそうです。
現在両大腿外側から下腿にかけてびりびりとした痛みがあり、歩行がやや不安定な状態でした。両下肢の筋力低下や排泄障害は伴っていませんでした(これらの症状があると外科的治療が必要になることもあります)。
ちなみに、腰椎MRIの写真は次の通りです。
FILE0
腰椎の3番目(L3)と4番目(L4)の間ですべり症を認め、脊柱菅が狭窄し神経が圧迫されていました。ただ、画像的には神経の圧迫は強くはなかったので、漢方薬による治療を行う方針としました。

漢方医学的には、どちらかというと寒がりで手足末端が冷える、背部を中心に発汗がある、少し便秘気味などの症状は認めましたが、食欲や睡眠は良好で倦怠感もなく、比較的元気な印象でした。
診察してみると、手足の末端に冷えの所見を認め、お腹は下腹部が軟弱無力(小腹不仁、腎虚といわれる状態です)で心窩部は若干冷たくなっていました。舌をみると、やや暗赤で舌下静脈の怒張(お血の所見)を認めました。脈の力は比較的良好でしたが、若干の渋り(血の巡りが悪い状態)を認めました。 

小腹不仁が明らかでしたので、腎虚による腰痛や下肢のしびれに効果のある牛車腎気丸とし、腰椎すべり症に伴って脊髄周囲の血の巡りが悪くなっていることが予想されましたので(西洋医学的なお血の所見)、血の巡りをよくしながらびりびりとした神経痛に効果のある疎経活血湯を合わせて処方しました。さらに、当院にある物理療法の治療機器(低周波・中周波・高電圧などの複合的な電気治療が可能なASTEOや水の力で全身をマッサージするウォーターベッドなど)も利用してもらうことにしました。

2週間後に来られた時には、「足のしびれは6割程度まで改善しました」と言われました。漢方薬は有効と判断し同処方を継続しました(もちろん物理療法の効果もあります)。さらに2週間後、「最初に来たときよりも大分良くなっています。ただ腰を伸ばすと足がしびれます」と言われました。歩いてもらうと、歩行時足がスムーズに前に出るようになっていました。ただ、手足の冷えの所見は持続しており、診察上も血の巡りが悪い所見が持続していたため、一旦牛車腎気丸がお休みとし代わりに桂枝茯苓丸を疎経活血湯と一緒に投与しました。さらに2週間後、「しびれは4割程度までよくなりました。筋トレができます」とのことでした。まだ完全にはよくなってはいませんので、漢方薬を微調節しながら治療を継続しております。

このように、漢方薬は西洋薬とは違うアプローチで痛みやしびれに対処することが可能です。今回報告した腰痛以外に膝の痛みなどにも効果がありますので、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

またまた頭痛の症例です。

症例は30代の女性です。 元々偏頭痛の既往があり、月に10回程度頭痛を認めるとのことでした。今回は3日前の夜に、何かに打たれたような頭痛(患者さん本人の表現)が出現し、3日連続手持ちのスマトリプタン(偏頭痛の特効薬であるトリプタン製剤のひとつ)を内服しているが頭痛が続くとのことで当院を受診されました。

頭痛は左前頭部に限局しており、スマトリプタンを内服すると一時的には頭痛は改善するそうですが、すぐにぶり返すとのことでした。嘔気や嘔吐はなどの随伴症状は認めず、項部硬直(くも膜下出血や髄膜炎など脳表面を覆うくも膜の炎症で出現する所見 首が硬くなります)や神経学的な異常所見も認めませんでした。
重症感はありませんでしたが、何かに打たれたような頭痛であったことやスマトリプタンの効果があまりないこと、などから一度頭部の精査が必要と判断しMRI及びMRAを撮影しました。

すると・・・、
ぼうすい状動脈瘤


左内頚動脈(頭の中で一番太い血管)が海綿静脈洞と呼ばれる場所を走行する部分で紡錘状に拡張している所見を認めました(左内頚動脈海綿静脈洞部の紡錘状動脈瘤といいます)。普通の動脈瘤は風船状になりますが、この場合は血管が弾性板という組織を失い血管壁全体が膨らみます。前回提示したような血管の解離でも血管壁が不整形に膨らみますが、今回MRIでは解離の所見は認めませんでした。解離を起こしていなければ、血管が破けたり詰まったりする可能性は低いので経過をみることが多いです(時に徐々に大きくなって周囲の組織を圧迫すると治療が必要になることがあります)。とりあえず、数ヵ月後に再度画像評価を行う予定としました。

今回の頭痛に関しては、スマトリプタンが効かないことよりロキソプロフェンを頓服で処方し、漢方薬を試してみることにしました。
漢方医学的には、手足末端の冷えがある、便秘気味、睡眠は頭痛のため不良、肩凝り、などの症状を認め、頭痛は月経前後や雨降り前にひどくなるそうです。
診察してみると、手足の末端に冷えの所見を認め、両側の脇腹周囲が固くなっており(胸脇苦満 何らかのストレスの影響が伺われます)、臍周囲を圧迫すると痛みを訴え(お血の所見)ました。舌をみると、舌の腫大・歯痕(水毒)、舌下静脈の怒張(お血の所見)を認めました。

お血と水毒(簡単にいうと血のめぐりや水はけが悪い状態)が明らかであったため、桂枝茯苓丸加よくいにん(血に作用する漢方薬)と五苓散(水に作用する漢方薬)を合わせて投与しました。

 2週間後に来られた時には、「調子よいです。頭痛も良くなってロキソニン(ロキソプロフェン)は一回使っただけです」と言われました。頭痛とともに肩凝りも良くなっており、便通も毎日あるとのことでした。普段の偏頭痛もほとんど認めておらず、こんなに効くのかとこちらがびっくりしたくらいです。ただ、手足の冷えはまだ持続していましたので、しばらく漢方薬は継続することにしました。

この方は、頭痛、MRI、漢方と色々ありましたが、色々なことを1日で済ませることができました。

平成30年になりました。開院してまだ2ヶ月しか経過していませんが、たくさんの患者さんに来院して頂き、身の引き締まる思いでおります。皆様方が少しでも健康で快適に生活できるように、スタッフ一同頑張って参りますので、今年もおおたけ脳神経・漢方内科クリニックをどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今年最初の症例も頭痛と漢方から始めたいと思います。 

症例は20代後半の女性です。 元々頭痛持ちで、月に1回程度は頭痛を認めていたようですが、最近週に2回は頭痛を認め、市販の頭痛薬の効果も今一つとのことで当院を受診されました。
頭痛は両こめかみがずきずき痛み、若干体動での増悪を認めるようでしたが、前兆はなく嘔気や嘔吐、音過敏・光過敏などの随伴症状は認めませんでした。元々肩凝りを認め、最近肩凝りが強くなっている、とのことでしたので、緊張型頭痛の増悪と判断しました。筋弛緩薬や少量の抗うつ薬などの予防薬も検討しましたが、患者さんが希望されなかったため、漢方薬で調節する方針としました。 

漢方医学的には、手足末端の冷えがある、睡眠不良で寝起きが悪い、ホットフラッシュがある、手掌発汗あり、月経時に肌荒れがある、仕事が忙しくて倦怠感が強い、いらいらする、などの症状があります。
診察してみると、手足の末端に冷えの所見を認め、両側の脇腹周囲が固くなっており(胸脇苦満 何らかのストレスの影響が伺われます)、臍周囲を圧迫すると痛みを訴え(お血の所見)となっていました。舌をみると、やや暗赤で辺縁が厚くなっており(肝うつの所見)、舌の腫大・歯痕(気虚あるいは水毒)、舌下静脈の怒張(お血の所見)を認めました。

仕事のストレスからか心と体の緊張が強くなっているようでした。さらにホルモンバランスの乱れも生じ、ホットフラッシュや不眠、いらいら、肌荒れなどの症状も呈していました。診察の所見もそれを裏付けていましたので、ホルモンバランスを整え血の巡りをよくする作用のある加味逍遥散桂枝茯苓丸加よくいにんを合わせて処方しました。

 2週間後に来られた時には、「頭痛もにきびもよくなってきた、ホットフラッシュもなくなり、朝起きるのが楽になった」と言われました。ただ、一度嘔気を伴うひどい頭痛があって、そのとき風呂に入って頭痛が悪化した、とのことでした。今回認めた頭痛は片頭痛の可能性が高いと判断し、念のためエレトリプタン(片頭痛の特効薬であるトリプタン製剤のひとつ)を頭痛時の頓服で処方しました。診察上は前回とほぼ同様の所見であったため、加味逍遥散桂枝茯苓丸加よくいにんは継続としました(ただ漢方薬の量が少し多いと言われたので少し減量して処方しました)。

さらに2週間後には、「軽いものも含めて頭痛はほぼなくなった、にきびもよくなった、今回の生理はいつもより痛みが楽だった」と言われました。主訴の頭痛はよくなっていたので一旦終了でも良かったのですが、肩凝りや手足の冷えは持続しており便通もやや不良であったため、もうしばらく漢方薬を内服していた方が全体的に調子がよくなるだろうと思われました。また今回診察してみると、下腹が冷たくなっていましたので、前回処方にお腹を温めて便通改善も期待できる当帰建中湯を合わせて処方しました。

このように漢方薬を投与していると、主訴以外の症状もよくなっていくのがおもしろいところです。

このページのトップヘ